お風呂で亡くなる高齢者が増えている!? テレビ番組でブログの写真を役立ててもらった件

1月21日、テレビ朝日の「グッド!モーニング」という朝の番組で、昔ワタシが撮影してブログに掲載していた写真が放送されたよ! という遅ればせながらのご報告です。

ツボな使い方をしていただきまして、いや〜趣味だったけど、撮ってよかったなぁ!と思ったのです。

それは6時50分から放送されている「明快!まとねるパネル」というコーナーでした。
まとめるパネル-1.jpg

テーマは冬の正しいお風呂の入り方を指南するというもの。

なぜなら、最近はお風呂で亡くなる高齢者が増えているからだとか。
なんでも家庭の浴槽での溺死者数の推移は、2004年は2870人だったのが2014年は4866人に。
10年間で倍近くに増えているそうなのです。

まとめるパネル-2.jpg

しかも65歳以上が9割だそう。
慶應義塾大学 医学部 掘進悟教授によれば、核家族化が進み、高齢者がひとりで入浴するため、異変に気づかれなくなったためではないかとのこと。

まとめるパネル-3.jpg

お風呂で溺死なんて!?と思うかもしれませんが、急激な気温の変化による「ヒートショック」で、倒れてしまうそうなんですね。

2種類のパターンがあって。
  • 温かいところから急に寒いところに行く→急に冷える(血圧上昇)→心筋梗塞、脳卒中など
  • 入浴中、湯船など温かいところに入る→血圧低下→必要な酸素が脳にいかず、失神→溺死
なんだそう。

ううむ!

しかも都道府県別データでは、北海道や青森など寒い地方ほど少なくて、東京などは多い順の上から3番目!
寒い地方はもともと部屋が暖かく、温度差が少ないからだそうです。なるほどね。
古い1戸建てが多く、お風呂場がタイル張りになっている香川県なんかNo.1とか。

古い一戸建てでタイル張り!! 思い当たるところに住んでましたね。ええ。

ヒートショック対策では、お風呂の入り方(41℃以下で10分以内)や、お風呂場を温める方法などが紹介されました。

まとめるパネル-4.jpg

そう。

お風呂場を暖める!

ここです!

温めるというか、寒さを防ごうと戦ったことがありました!
その戦いのエントリーがこちら。2013年12月18日のエントリーでした。


これが番組のプロデューサー氏の目に止まったというわけです。

こういうものが役に立つんです! と。

ぷちぷち キタ━(・∀・)━!!!!

まとめるパネル-5.jpg


でこぼこ面をガラスに向けて、貼るんです、と。

ここでアタシがガムテープで適当に貼ってみた、ひどいお風呂場の窓の写真が登場(^^;;

まとめるパネル-6.jpg

その効果はこんなに! と

サーモグラフィー写真キタ━(・∀・)━!!!!

まとめるパネル-7.jpg

名前もちゃんと入れていただきました。
ありがとうございます。

すごく情報にハマってたなぁと。
だから熱心にご連絡くださったのだとわかりました。

確かに家庭のお風呂場にこんなことして、しかもそれをサーモで撮るヤツなんてなかなかいないでしょうから。
(うちのサーモショット、持ってるカメラの中では一番高い)

役立てていただき、ありがとうございました。

ワタシは実験的に貼ったままにしてしまいましたが、試される方は綺麗に貼ってくださいね(^^;

アイリスオーヤマ 断熱シート 結露防止 60×270cm DNS60
by カエレバ

なお、その後お風呂の入り方も指南されてまして、足を曲げて半身浴をすると、血圧が下がりにくく、立ち上がるときもゆっくり前傾姿勢がいいそうです。

また、お風呂の前に麦茶を1杯飲むと脱水症状を防ぐそう。特にミネラル入りがいいんだそう。
血管に対する負担を下げるという研究結果も明らかになってきてるとか。

冬でも麦茶がいいんですね〜〜!

足の裏が痙りやすくて、意識的にサプリメントとってるけど、麦茶飲んでみようかな。

伊藤園 健康ミネラルむぎ茶 600ml×24本
by カエレバ


伊藤園といえば!!(いえなんでもありません)


溺死者が増えているなんて知りませんでしたから、とても勉強になりました!
いい情報をありがとうございました。