浜松のアノマリー「Obsidian」の参加レポートが掲載されましたよ〜

GameDeets 2016年3月8日掲載
お仕事ブログから転載+加筆)

去る2月27日に浜松で開催されたIngressの公式戦について、100%グラウンド戦参加者としての目線で綴ってみました。
通常のプレス記事でこういうテイストはなかなか出せないかなと思います(^^;;
その分、プレスとしての活動はしはしていないので、そういう目線でゲームの紹介はできてませんが。

M1終了後に、タクシーの中でぐったりしながら「あっ!まったく写真撮ってなかった!」と気づいたのでした。
でもその後も気になることが多すぎて、あまりそちらに意識いかなかったですね(^^;

そんなこんなで、立場、大人の事情いろいろ踏まえて、書けることを書いています。

アノマリーってナニ?

と思っている人に、あの現場の緊張感、スピード感が少しでも伝わったらうれしいなぁ。
もちろんグランド戦のことしかわからないんですけど。

2016-02-27 16.07.32.png

なかなか落とせないときの焦り・・・・・・

AXAがインストールされたときの手応え・・・・・・

見えては消えるレゾとシールド・・・・・・

Modsのスロットに一緒に戦っている仲間の名前をみたときの気持ち

一気にひろがり、レベルがあがっていくレゾ!

そのまま! そのまま! お願いだからあと少し持ちこたえて!

みなさんも、そんな気持ちでプレイしたのではないでしょうか。

そのときの記憶と重ねてみてくださいヽ(´▽`)ノ

掲載後に記事を読んだチームの方から「すずまりさん(チームの)バッジ持ってる?」って聞かれたのが嬉しかったです。
なぜなら、初めて会う方が多い中、レポートを読んでくださって改めて仲間意識を持ってくださったと感じられたから。
こんな嬉しいことはありません!(#^_^#)

そんなわけで。ワタシは仕事なので媒体上で書きましたが、AGのみなさんはG+でSITREP、書くといいですよ!
特にはじめて参加された方は、ぜひその思いを綴ってみましょう。そこから新たなつながりが生まれるかもしれませんから。