レースのカーテンについた黒カビには、やっぱり「カビキラー」でした

GW最終日、もう我慢ならんとばかりに外しまくったのがカーテン。
冬の結露のせいで、裾付近に黒カビが点々とできてしまったのです。

特に端のドレープが残りやすい部分はひどく、レースのカーテンのみならず、遮光カーテンにまで及んでおり、視界に入るたびにもやもやしていたのでした。

一旦全部外してから洗わなくてはなりません。ゆえに覚悟と時間が必要でした。

というわけで、満を持しての黒カビとの戦い。

ひどいカビ汚れの写真はありませんが・・・・・・まあイメージされてるのであってるでしょうw

特に目立つレースのカーテンから手をつけたのですが、まあこれが落ちない落ちない!
  1. いつものように洗濯 → まるで落ちない
  2. 洗濯洗剤入りのバケツの中でもみ洗い → 少しだけしか落ちない
  3. 頭にきて、布へのダメージを承知でたわしでこする → 真っ黒い色は多少落ちるがカビの点は落ちない
  4. もう買い換えることを視野に入れつつ、だめもとでカビキラーをダイレクト噴射!
とここまできたら

カビにはカビキラー1.jpg

黒カビがあっさり落ちた!

(つるしたままやるのではなく、洗面台のバケツの中でやるのですよ!)

ガビガビになってしまった手を見つつ、

「カビにはやっぱりカビキラーなんですか・・・・・・」

としばし呆然(◉◉;)

まじすかまじすかあてくしの今日半日はなんだったんすかと思いながらも、キレイになったカーテンを見てにやにや。

あとはしっかり洗い流して、干したらおしまいです。

カビにはカビキラー2.jpg

まさにあの手この手でゴシゴシしたせいでカーテンの裾がボロボロになってますが、黒ごまを散らしたような黒カビのスポットはまったくありません。

いや〜〜〜〜よかった!

このあと遮光カーテンにも同じ手を使いまして、無事時間短縮に成功。

ものすごーく高級なカーテンにはやらないほうがいいですよ。

色柄ものはそれこそダメージ甚大だと思うので。

あくまでもダメ元で挑めるレベルのカーテンにしたほうがよろしいかと思います。

というわけで、

カビキラーおそるべし!
カビキラーありがとう!
カビキラー追加で買ってくる!


カビキラー特大サイズ 本体 スプレータイプ 1,000g 【カビ取り剤】
by カエレバ


この際、カビについて学んでみるのもよさそうです。

カビの科学 (おもしろサイエンス)
by カエレバ


菌・カビを知る・防ぐ 60の知恵: プロ直伝!防菌・防カビの新常識
by カエレバ


人類とカビの歴史 闘いと共生と (朝日選書)
by カエレバ