桜写真コンプレックス解消! スマホで撮った桜の写真をもっと綺麗にしたい!

img_01.jpg

こんにちは。ビューティテックライターのすずまりです。

すでに都内の桜が満開というところもあり、お天気のいい日は絶好のお花見日和になっていますね。
今年は例年より満開になるのが早いとか!?

スマートフォンのカメラで桜を撮る機会はとても多いと思いますが、他の人がSNSにアップしている写真に比べ、自分が撮った桜はどうして暗くて汚いんだろう? って思ったことはないでしょうか。

実は、それらの色鮮やかな桜の写真の多くは、撮影後に調整されていることがほとんどです。
いくらカメラの性能がいいとはいえ、環境によってはいつでも自分が思った通りには撮れないものです。
特にシャッターを押すだけであとは全部おまかせという方は、運を天に任せるようなもの。

でも大丈夫です。簡単な補正テクニックを覚えてしまえば問題なし!
私はもっぱら無料で高機能な画像補正アプリ「Snapseed」で補正しています。
ご存じない方は以下をご覧ください。

→ 顔の美肌処理から芸術的な写真まで、これ1つで加工できる「Snapseed」
※レビュー当時とはメニュー画面が変わっていますが、機能のよさは変わりません。

● 画像補正(+ホワイトバランス+切り抜き)でなんとかなる

「Snapseed」を起動したら、写真を読み込んで、「ツール」を選択します。
こんなつもりじゃなかったのに、という薄暗い桜・・・・・・萎えますね。
img_03.jpg


続いて「画像調整」を開きます。
img_02.jpg

「明るさ」をあげてみましょう!
それだけで見違えるくらい綺麗になります。
img_04.jpg

さらに、ほかの項目も仕上がりをみながら調整してみましょう。
img_05.jpg

撮っただけの写真からは見違えるような鮮やかさが、綺麗だと思ったあの瞬間の桜が蘇りました!
img_06.jpg


さらに赤みや空気感を直したい、余分な部分を切り取りたいというときは、「ホワイトバランス」や「切り抜き」を使います。
img_07.jpg


こちらは「ホワイトバランス」のメニューです。
img_08.jpg

こちらは「切り抜き」です。
見せたい部分が縦横のラインの交差するポイントに来るようにすると、落ちついた構図になりますよ。
img_09.jpg


● Snapseedを使った結果・・・・・

こんな写真も
img_10.JPG



見事なピンク色の桜になり
img_11.jpg


暗くなりがちな白系の桜も
img_12.JPG

ここまで蘇ります。
img_13.jpg

「Snapseed」を見方につけると、写真撮影がとっても楽しくなりますよ!

とりあえずピントをしっかりあわせて撮っておけば、今回のように救済できる可能性大。

ぜひお試しください。

今回の写真はiPhone Xのポートレートモードで撮影後、Focosで背景のボケ感を調整しています。
以下の記事も参考になるかも。

→ iPhoneのポートレート写真はFocosとSnapseedでインスタ映え必至の写真レタッチができる!

→iPhoneのポートレートモード写真が2つのアプリで蘇る!(人物実例と前ボケの除去)
※寄稿しているBeautyTech.meのサイトの記事です