iPhoneのポートレート写真はFocosとSnapseedでインスタ映え必至の写真レタッチができる!

img_00.jpg

みなさんこんにちは。ビューティテックライターのすずまりです。

今日作例を撮りに散策していたのですが、ナビゲートしてくれたiPhoneユーザーの友達にとあるアプリを教えたところ、とても感動してくれましたのでご紹介します。

ビューティな写真を生み出すテックですね!

それは「Focos」と「Snapseed」です。
すでにInternet Watchの連載でもご紹介しているので、機能についてはそちらをご覧ください。

ポートレートのボケとピントを撮影後に変更! デュアルカメラiPhone専用アプリ「Focos」

顔の美肌処理から芸術的な写真まで、これ1つで加工できる「Snapseed」

※いずれも執筆時点の内容になっています。「Snapseed」は掲載後アプリがアップデートされて、より機能的かつ使いやすくなっています。

「Focos」はタイトルにもあるように、レンズが2つついているiPhone用のアプリで、「ポートレートモード」で撮影した写真を取り込むと、ピントの位置やボケみを調整できるというもの。AndroidスマートフォンではHUAWEI端末の「ワイドアパーチャ」が有名です。モトローラのmoto X4でも可能ですね。それと同じことをiPhoneでも実現できるアプリというわけです。

無料で使える機能は、ピントの位置調整と絞り(ボケみ)の変更に限られますが、課金するとメーカーのレンズの写り具合を再現したり、ボケの形を丸だけでなくハート型にしたり音符にしたりとかなり遊べます。

特筆すべきは、ピントの位置をかなり自由に変えられることです。手前、中間、背景みたいなざっくりとした場所だけでなく、少し上に移動させても綺麗なボケを作ってくれる。iPhoneのポートレート写真って実はこんなに自由度高いの!?(なんでiPhoneでできないの!?)と思うくらい!

「Snapseed」は、とにかく機能的で、微調整に優れたフォトレタッチアプリです。1タップで効果を適用できる「フィルター」と細かい調整ができる「ツール」の2つがあります。個人的には今最強だと思っていて、スマートフォンで撮影した写真の補正には欠かせない存在になっています。

スマートフォン付属の機能で写真を調整しようと思ったら、ちょっとスライダーを動かしただけなのに白飛びしたり、微妙な色味にできなかったりしたことはないでしょうか。

「Snapseed」を使えば、明るさも、コントラストも、彩度も、ハイライトやシャドウも、ホワイトバランスも色味も思いのまま。周りをほんのり暗くする、逆に明るくするなんてこともできますし、ザラっとしたノスタルジックな、フィルムのような感じ、レトロな印象の写真に仕上げることもできます。

この2つを組み合わせると、下がれ下がれと言われてやっと撮れたこんな写真が・・・・・・
img_01.jpg

「Focos」で背景をさらにボカして(鉢植えの存在をごまかすのだ!)トリミングし、「Snapseed」で色味の補正をした結果、こんな感じになりました。

img_02.jpg

なんとなくどす黒くなったパスタの写真も
img_03.jpg

パキッと綺麗になります。
img_04.jpg

特に「Focos」を見てみると、取り込んだときはこんな感じですが
img_05.PNG

絞りのサイズをあげるとこんな風になるんですね。
img_06.PNG

こんな風にピントの位置を後ろに変えることできます(しませんけど)。
img_07.PNG

間にあるサラダに合わせることもできるんです。
なんだよ! iPhone、できるんじゃん! って思わず言いたくなりましたね。

img_08.PNG


こちらは現在の「Snapseed」のメニューです。いろんな機能があるでしょう?
img_10.PNG

保存時はオリジナルの写真はちゃんと残せるので大丈夫ですよ!
img_11.PNG

「Focos」に取り込めるのはオリジナルのポートレートモードの写真のようなので、今試している時点では「Focos」→「Snapseed」の順で補正するといいみたい。

問題は、ポートレートモードで撮影するときの自由度がまだまだ低いことなんですけどね。でも「Focos」と「Snapseed」があれば、かなり撮影が楽しくなると思いますし、まさに「SNS映え」する写真を生み出すことも可能になります。

ダブルレンズのiPhoneをお持ちの方はぜひお試しください。

以上、写真大好きビューティテックライターのすずまりからのご提案でした。